妊娠中の治療

赤ちゃんも喜ぶお母さんへの鍼灸

妊娠・出産とは女性にとって最大のイベントであり、肉体的・精神的に起伏が激しい期間です。

妊娠期にはホルモンバランスをはじめ身体に劇的な変化が起こるため、多くの妊婦さんが様々なマイナートラブル(妊娠中の不快症状)を経験します。

妊娠は病気ではないため、妊娠中のマイナートラブルには医療の介入が少ない(もしくは妊婦なのでできない)のが現状です。
けれども、お母さんの不快症状やストレスは、赤ちゃんにとってよい環境とはいえません。
命を育む幸せな期間を、楽しむこともできなくなってしまいます。

身体にやさしい安全な鍼灸は、妊婦さんの辛い症状を和らげるのが得意です。
痛みや不調から解放されることが、赤ちゃんにとっても良い環境をつくります。
お母さんの身体が楽になると、お腹の赤ちゃんも喜びます。

* 丈夫な赤ちゃんを産めるように身体を整えたい。
* 安産のために妊娠中の健康管理をしたい。
* 妊娠をして頭痛・肩凝りがひどくなった。
* 耳の中に閉塞感がある。
* つわりが辛い。
* 腰や背中が痛い。
* 足の付け根が痛い。
* よくこむろ返りになる。
* 逆子になっていると診断された。
* 痔になってしまった。

上記の様なことが思いあたる方は、ぜひ当院にご相談ください。


▲ページトップに戻る