小児鍼

お子さんの健やかな成長のために

小児鍼とは、0歳児から中学入学くらいまでのお子さんのための鍼治療で、刺さずになでさするような手技が中心の気持ちのよい鍼です。「痛い」という感覚は全くありません。お子さんも怖がらずに安心して治療が受けられます。時にはウトウト寝てしまうこともあるくらいです。

子どもの身体は未発達、脳も自律神経も成長段階にあるため、わずかなストレスにも過敏に反応します。ですから、いわゆる疳の虫症状(夜泣き、キーキー声、噛みつき)などは、多かれ少なかれ昔から子どもにみられることです。

さらに社会環境の変化により、子どもが受けるストレスは、時代とともに高まっているといわれています。子育ての環境も厳しく、ご主人は仕事で帰宅するのが遅い、おばあちゃん・おじいちゃんは遠くに住んでいて、近所に子育てを手伝ってもらえる人がいない・・・とひとりで頑張っているお母さんも少なくありません。いいことばかりではない子育て、お子さんの心配な症状に、お母さんはひとりで悩んではいませんか?

当院では、一児の母でもある女性鍼灸師が、お母さんの子育ての悩みに対応します。お子さんに気持ちのよい治療を行い、健やかな成長のお手伝いをいたします。ご家庭でお母さんがお子様にできるケアもご指導いたします。

* 疳の虫症状(夜泣き、キーキー声、噛みつきなど)が強い。
* チック症状(頻繁にまばたきをする、鼻や喉をならすなど)がでる。
* お腹をこわしやすい。
* 風邪をひきやすい。
* よく鼻水が出る、鼻がつまる。
* 皮膚が弱く湿疹がでやすい。
* おねしょが続いている。
* 集中力がなく落ち着きがない。
* 肩こり、腰痛がある。
* 虚弱体質で疲れやすい。

お子さんの上記のような症状でお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。



▲ページトップに戻る